2017/12

<< December 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

LINKS

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


黒夢解散ライブ

KUROYUME “the end” CORKSCREW A GO GO! FINALに行ってきました。@日本武道館

このプラチナチケット、なんとプレオーダーの抽選で当選!!
オークションでは最高額15万円にもなってました。(定価1万)
完全に諦めて予定まで入れていたのですが、なんてついているんだ。ありえん。



1曲目がFAKESTARで、友達とそれが聞きたいねって言ってたから鳥肌がたった。
きゃーきゃーほんとに黒夢がライブしてるーーーー!!みたいな。
開始前、結構酔っ払って気分が良かったのですが、一気にアルコール抜けました。

40歳になっても清春は俄然かっこよかった。よくあんな高い声とか絶叫とかできるよなーと。
10年以上前の曲を色あせずにできるのは奇跡だとおもう。それは人時にもいえるのだけれど。



解散ライブということで、シングル曲たくさんやるのかなと思ったのですが
むしろシングルはやりませんでした。
BESTorWORSTのHARDDISKみたいな。てかCORKSCREW。
でもBATER聞きたかったからうれしかったー。MINDBREAKERも卒倒した。やーカッコイイ

そしてアンコールも終わり、会場の電気もついて
それでもアンコールを待ってたら突如電気が落ち、
LikeAAngel・・・

なんだただの神か
感無量すぎて、うるっとしました。

人時と清春が握手して挨拶したのも、「黒夢でした」って言って終わったのも
心が震えた。激しく震えた。思わず涙がでた。
歴史がひとつ終わったー!!

ライブ内容に関してはいろいろ思うところはあるけど。。。
少年が聞きたかった、とか、ああ黒夢と本当に決着をつけたいんだなあって感じたりとか。
「昨日でも明日でもない。今を楽しんでください」って言う言葉が意味深だったりとか。。。。

でもそんなことはどうでもよく、
あの場にいれたことだけで幸せでした。
まさか黒夢のライブ行けるなんて想像したこともなかったもんなー。夢みたいだった。



昨日のR25に清春のインタビューが載ってて、
ショックだったところを引用。


「正直、僕が言い出したことじゃない。有名になろうって一緒に東京に出てきたメンバーが、どうしてもやろうって言うから、もう一度やるだけ。“黒夢”って、学生時代のアダ名みたいなもの。『ああ、あなたって黒夢の人でしょ』みたいな。でも僕は今、本名でやってる。アダ名と本名は違う。もうその名前で呼ばないでくれっていう気持ちはずっとあった。だから今度の武道館のライブで、そのアダ名を自分の手で叩きつぶして終わる」


ほんと、そんな感じのライブだったよ。

でも、それでも幸せすぎたのです。ありがとう黒夢。
なんていうか・・・今を楽しもうと思ったのでした。
昨日でも明日でもない!!!!
IMA!!!



以下セットリスト



M01 FAKE STAR
M02 SPOON&CAFFEINE
M03 BARTER
M04 MIND BREAKER
M05 CAN'T SEE YARD
M06 BAD SPEED PLAY
M07 CANDY
M08 人時ソロ
M09 MASTURBATING SMILE
M10 FASTER BEAT
M11 HELLO,CP ISOLATION
M12 YA-YA-YA!
M13 ROCK'N'ROLL
M14 C.Y.HEAD
メンバー紹介
M15 Suck me!
M16 後遺症-after effect-
M17 LAST PLEASIRE

EN1 HATE
EN2 See A Pink Thin Cellophane
EN3 S.O.S
EN4 カマキリ
EN5 Sick

EN6 LIKE A ANGEL


コメントと、FRANTZ解禁

とにかくいろいろな人に言われたので・・・
「携帯からコメントができない」と。。。
そういう方は携帯からmixiではなく直接このブログを見てください
http://hitomilk.jugem.jp/
mixi不親切だよね、この誘導方法。


さて。

最近は仕事を早めに終わらせて帰ることにしています。
異動したら早くなんて帰れないだろうから今のうちにこの贅沢な時間を享受したいというのももちろんあるのですが

ゲーム

最近、三国無双を買ってしまった。やりすぎて親指の付け根が筋肉痛です。親指の付け根にも筋肉があることを学び、人って、そして体って素晴らしいと日々感動することができました。ありがとう三国無双。ありがとうコーエー。

そしてクーロンズゲートも買ってしまった。いまさら?と言われながらも買ってしまった。
ちなみにクーロンズゲート、続編は一切出ていないのですがなんとセカンドライフ上にショップを持ってます。
それよりも家庭用ハード器でゲーム出してほしいなあ。スペック的にはPS3かなあと思うのですが、Wiiでも楽しめるかもしれない。

そして家からN64もってきてしまった。

移動中とおふろ(←半身浴)の友達は、DS。

その他ゲーム各種。


人生\(^o^)/オワタ



でもそんなわたしでも楽しみにしていたことがあったのです。
それは1月21日。

そうFRANTZ FERDINAND 3rdアルバム発売ーーー!!

ということで、YouTubeに先行シングルがアップされていた。


Ulysses
「今度のフランツは、危険で、甘い。」


これがアルバムの1枚目だったらやばいテンションあがるけど、先行シングルかー・・・。女性向きにしたのかな?という感じのメロディライン。全体は若干単調で飽きそうな気が・・・

とか言うけど

でもやっぱり昔あれだけはまっていたら、ギターの音とかリズムの感じとかベースの運びとか、そして何よりアレックス!!アレックスの声だけでテンション上がってしまうのは仕方ない。仕方ないんだ!!
かっこええーーーー
絶対買おーーー発売日に買おーーーてか買っちゃうんだろうなあ間違いなく。

ずっと聞いてると1stに近い感じがしてやっぱり好きです、わたし。2ndより好みかも。
アルバムがたのしみ。他も1stぽい感じだったら鼻血噴くよー噴いちゃうよ。



2月11日に来日公演を一夜限りでZEPPにて行うのですが、
なんとその公演を全国4都市の映画館で同時生中継を実施するらしい!!
その映画館には、各都市のラジオ番組企画応募者と、アルバム購入者から抽選で選ばれたリスナーが無料で入場できる。
史上初の試み。
これは、とてもよいよー。わたし地方出身なのでライブに簡単に行けなかったので、ライブ見てみたい!!て気持ちすごくわかります。地元に来てくれるとうれしいあの感じとか。
それが生で、しかも映画館という巨大な空間で観れるなんて・・・!!
Sonymusicはすごいことをするね。


しかし、なぜ「ピューと吹く!ジャガー」の映画の主題歌がフランツなんだろう。。。

と、思ってたけど予告編見たら意外と親和性高いかも。。。



うすた先生・・・

あ、結局アニメの話で終わってる・・・
ゲームに始まりアニメで終わってる・・・

m9(^Д^)プギャー



余談ですが、
YouTubeで動画見たら、クリックするとリンク先(YouTube内の動画)に飛べる吹き出しが動画再生中にたくさん出てきてびっくりした。そんな機能あったのかー。便利だなあ。


the music

8日(土)原宿にH&Mがオープンしました。日本2号店。
というわけで今日行ってきました。
081109_1713~01.jpg

一見人がすっごいいるように思ったのですが、
10分くらいで中に入ることができました。銀座は3時間くらい並んでたのにー。びっくり。
中は銀座に比べてカジュアル!奇抜な色や形の服が並んでいました。
ギャルソンのラインも、ドットのカーディガンとかあってかわいかった。ジャケットとコートもラインがきれいでほしくなりました。ただ高い!!コートも5万とかするし。普通のコートじゃんそれ・・・

そして、原宿店は男性が多い!!!レディースフロアよりもメンズフロアのほうが混んでいました。まあフロアの数もあるとは思うけど。

客層は銀座に比べて若く、全体的にギャルソンとかヨージとか着ちゃう感じの人が多かった。あと、2号店どんなもんかと思って来た人(服装が明らかに綺麗系モードっぽくてちょっ
と浮いてる)

なんだか、原宿として見ると服は安いけど他と比べて際立って安いわけではないし、わざわざ並んで見るものでもないし・・・・という印象でした。実際お客さんも「並ぶほどじゃない」という会話が聞こえた。レジも試着室も銀座のほうが並んでいたなー。

そして、いま表参道といえばこれ。


クォーター・パウンダーです。
http://www.quarter-pounder.net/
謎のハンバーガー。
マックがやってるはずなんだけど、一切マックの名前は出していません。
081109_1704~01.jpg

こんな感じでチラシ配ってました。
このときはおなかいっぱいだし時間もなかったので食べませんでしたが。
噂によると肉がちゃんと多くてジューシーらしい。


で、で、何で時間がなかったかというと・・・

the musicのライブ行ってきました!!!@スタジオコースト
今年2回目のthe music。

前座はthe whip


まだアルバム1枚しかないから知ってる曲ばっかりで楽しかった。CDよりかっこよかったよー

ここで踊ったため体が温まり、お酒も回り、フロア1階に突っ込んでいってthe music!!

とりあえずねー四つ打ちが世界を変えるんだって。
血が沸騰して体の中から痒くなる。全身に火がついたようです。痺れます。かっこよかったー!!!!!!
アッパーな曲ばっかりだし、盛り上がりところをうまくもってくるから気付くと魂をすっかり奪われて、血の疼きだけでただただ踊るだけです。
踊りすぎて足が痛い。叫びすぎてのどが痛い。
でも、前の男の人の背中の汗とか、後ろの人のいじわるな肘とか、そんなことはもうすべてがどうでもよくなるような快楽がそこにはあった。
どれもこれも発狂してしまったのですが、やはり鉄板はThe People



「Sing!!!」と叫んだときが鳥肌ものでした。
そして最後の、Bleed from withinでメンバーが一斉にドラム叩いたのもフジを思い出して大興奮でした。あれはずるい!!!ぶっ飛びます。
はあーもう幸せすぎた。感無量。マサイ族もびっくりするくらいに飛び跳ねた2時間でした。


しかし。
帰り際に新木場でバリバリバイク歌ったり←www、
新宿でthe musicとかKASABIANを大声で熱唱しながら気持ち悪く飛び跳ねながら歩いたのが一番おもしろかったwww
まだシラフだというのにwww
ラリップル健在www


やーほんとうにすてきなすてきな一日でした。うふうふふ


RADIOHEAD

土曜日。
RADIOHEAD見てきました@さいたまスーパーアリーナ

トムヨーク

ネ申

 
初めて聞いたのがオーケーコンピューターでそれが中3??
そこからずっと好きでした。
受験の時はアムニージアック狂ったように聞いてどーん。でした。
あまりに聞きすぎて大学入ってから聞きたくなかったくらいw

そんな人たちが目の前にいる感動・・・
感動とかじゃないもう。完璧すぎてそこはもはや人間の住む地上とは思えませんでした
出てきた瞬間友達とぎゃーぎゃー騒いだ。
曲が始まった瞬間は倒れるかと思った。もーほんとかっこよすぎるかっこよすぎるるる

新しいアルバムが中心だったんだけど、昔の曲も結構がっつりやってすごい嬉しかった。ハァハァ

Paranoid Androidが聞きたかったんだけどやらなくて、
残念だなーと思ったらアンコールでやって!!!
その瞬間からだがぶるぶる震えた。
そこから感情がなんかもう溢れちゃって、涙がたくさん出ました。
友達も隣で泣いていた。
泣く女と震える女。完全に何かがキマっているとしか思えない図www


ずうっと、レディへは人間の暗闇に寄り添ってくれる音楽だと思っていたんだけれど、
実際生で聞いてみたらそんなことなかった。
暗闇の部分に刺さってくるんだけど、たぶんレディへとしてはそんなこと気にしてなくて
自分達がいいと思う音楽を演奏しているだけなんだろうなあと。あとは勝手にしろと。
だから、聞いていると刺激されるのに突き放される感じがして、、
トムヨークは絶対サディストだと思った。間違いない。ハァハァハァ


それで、なぜかずうっと頭の中に、
森の深いところにある湖の情景が浮かんでいた。土砂降りの湖。
そこに透明なシャボン玉みたいなのがあってその中に一人だけ人間が入っていて、大声で叫びながら抜け出そうとしているけれどその殻は割れなくて、という。
結局ライブの最後のほうでは、湖がすっかりあふれてしまって、水中の奥深くにそのシャボン玉が静かに沈んでいきました。


わたしのなかでレディへは土砂降りなのでしょう。


やーでもね、
ドラムの構成とか重低音な感じとかベースとかギターとかメロディーとかね、
なんだかんだでわたしの好きな音楽の根底にはレディへが色濃く反映されているんだなあと思ったよ。改めてかんじたよ。



あと前座のModeselektorがとてもかっこよかった。ダウナー系の曲が多かったけど実際はもっとアッパーな感じらしい。今回はレディへの前座ということで全体的に綺麗にまとまったテクノでした。
おすすめです。



しかし帰り際にお客さんを見て思ったことは

暗いwwww
服の色みんな暗いwwww
みんな似てるwww

ここにいる人間の8割は絶対根暗だと思うと安心しました。


セットリスト
01. 15 Step
02. There There
03. The National Anthem
04. Lucky
05. All I Need
06. Nude
07. Where I End and You Begin
08. The Gloaming
09. Weird Fishes / Arpeggi
10. Videotape
11. Talk Show Host
12. Faust Arp
13. Jigsaw Falling Into Place
14. Idioteque
15. Climbing Up The Walls
16. Exit Music (For A Film)
17. Bodysnatchers

---encore1---

18. House Of Cards
19. Bangers N' Mash
20. Paranoid Android
21. Dollars And Cents
22. Street Spirit (Fade Out)

---encore2---

23. Cymbal Rush
24. Reckoner
25. Everything In Its Right Place



(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--