2017/04

<< April 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

LINKS

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


あたし彼女

 新しいパソコンを買った。

もう快適すぎて涙が出る。前のパソコンは6年前?のモデルだったので信じられないくらいに快適。あーもう予定をすべてキャンセルして家に引きこもりたい。今日はこれから仮面ライダー555を見ようと思う。555はなかなかにクオリティが高いのでみんな見ればいいと思います。なんと彼らは携帯で変身するという非常に現代的な仮面ライダーなのです。主題歌もいい。そして何より、オルフェノクが怖すぎる。私のおすすめは、スパイダーオルフェノク。スネークオルフェノクもだいぶ怖いけど、スパイダーの動きには勝てません。ひとりで夜を過ごせなくなるくらいには怖い。

さて、現代は仮面ライダーさえも携帯で変身してしまうほどに、携帯は生活の要素として機能しているわけなのです。

つまりは、食わず嫌いをしていてはいけないということなのです。


ケータイ小説。


スイーツ(笑)とか、恋空(笑)とか、あらすじ聞いただけでげえーだったけど、しかしやはり食わず嫌いはいかん。

というわけで、
第3回日本ケータイ小説大賞を受賞した、
「あたし彼女」読んでみました。

出だし抜粋します。


***********

 アタシ

 アキ
 
 歳?

 23

 まぁ今年で24

 彼氏?

 まぁ

 当たり前に

 いる

 てか

 いない訳ないじゃん

 みたいな

 彼氏は

 普通

 てか

 アタシが付き合って

 あげてる

 みたいな


***********

・・・・
どうでしょう。


三島由紀夫とか安部公房が好きなわたしにとって、これを文学と認めることは眩暈がするほどに困難な作業なのですが、しかしこれが書籍になり映画になり・・・としている現実を見ると文学として捉えざるを得ないようです(そもそも文学とは何かを既定することこそが傲慢も甚だしいことなので)

現に、「あたしニート」(http://d.hatena.ne.jp/ryocotan/20080917/p1)というエントリーや、「あたしブログ」(http://labs.spicebox.jp/p/atashi/)というサイトが立ち上がっていることを考えると、話題になったという結果は無視できない。

ではこの人気はどこにあるのか。


先ほどの文章を読んで気づくことは、一文一文の短さである。
そして規則正しく挟まれる改行によって、携帯の画面からは非常に見やすい画面構成になっている。
この小説がケータイ小説である限り、先を読み進めたいと思わせるには煩わしさを極限まで排除しなければならない。その意味で、このテンポの良い文体は素晴らしいとおもう。

そして、ところどころに挟まれる「みたいな」という、現代語。
これによってテンポの良さは最大限発揮される。
そして、この単語が世界との距離を絶妙に表現しているのである。世界に対して虚勢を張る、主人公の心理が端的に表現されている。

初めは虚勢を張る主人公が、初めて本気で恋愛をし、紆余曲折ありつつも最終的には結婚するという話なのだが(言っちゃった☆)
その流れで主人公の感情が変化し、素直になっていく様子が違和感なく描かれている。


で、率直な感想は、
「そういうもの」として捉えれば悪くはないのかも、と。


ただ、小説を読んでいるというよりは、他人の日記を覗き見している気分。
誰かの頭の中を覗いて、記憶を辿っている気分。それがわたしはあまり好きではなかった。

それから、語り口調のまま一方通行の文章を読んでいることになるので、そこには妄想を挟む余地はなく直接的。頭を使わなくても読めるし理解できる。テンポの良さと起承転結の丁寧な構成によって先が気になってしまい一気に読んでしまうけれど、内容に自分(読者)を落とし込んで深めていくエッセンスまでは持ち合わせていません。
わたしは、小説とは行間にこめられた思いをどれだけすくいとって妄想を広げられるか、を読者に提供できるかが才能の見せどころな芸術だと思っているので、そいう要素はケータイ小説にはありませんでした。

だからマンガよりもっと直接的な、他人の日記やゲームに近い感覚。

妄想の余地を一切省くことに関しては、素晴らしい文章力だとは思います。
そして、表現したい!という気持ちもすごく伝わってきます。


これがはやるんだー。ふーん。
わかりやすい、安易なストーリーに若者は流される傾向にあるんだなー。


みたいな。


全文はコチラ
http://nkst.jp/vote2/novel.php?auther=20080001


スポンサーサイト

 


comment

最近読んだニーチェよりはよっぽど良いね。

そろそろ飲みにけーしょん♪

コメントの送信が良くわかんないけどあってるのかな??

  • ヒサナガケンタロー
  • 2008/10/15 12:14 AM

おれも高校時代から使ってたパソコンを買い換えました。光ファイバ−にも変えたから総合的に早すぎる。もう昔のパソコン使えないわ。。。

ちなみに555は全部見たよ。劇場版もテレビで見たよ。

  • にしけん
  • 2008/10/15 12:20 AM

>けんちゃん
なぜニーチェ!!!w
でもわたし好きよ、ニーチェ。神は死んだ!
飲もーぜーー!!!
会いたいーーー☆

  • ひーたん
  • 2008/10/15 1:40 AM

>にしけん
なんかもうスペック比較対象にすらならないよね。画面がキレイすぎるし早すぎる。快適ーーー
555劇場版見てないなー。キバ見てる?なんかどんどん主人公がチャラチャラしてゆく・・・
そして結局ガンダムを見ている件について
あー寝れねーw
認めたくないものだな。自分自身の若さゆえの過ちというものを・・・

  • ひーたん
  • 2008/10/15 1:45 AM









trackback


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--