2017/07

<< July 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

LINKS

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


人のセックスを笑うな

会社をずいぶんとお休みしました。
風邪と急性胃腸炎を併発してしまったらしく。。立ち上がると力が抜けて倒れてしまうという、なんだかしだれ桜になったようでした。
あちこち病院に行ってたくさん検査しましたー。あー、お金がなくなった。

それで元気が出てきた今日は、本を読めるようになったので、本を読みました。


『人のセックスを笑うな/山崎ナオコーラ』




いまさらですが。

19歳のみるめくんと、39歳のユリの恋愛小説。

タイトルを見て結構尖った情熱的な愛の話なのかなって思ったけどそんなことなかった。いや、情熱的なんだけど。
19歳の女の子が、39歳の男性に恋をするお話みたいに感じた。主人公の感性が、女性的なんだよねー。いまどきの男の子って感じ。

すごく読みやすい。言葉もさらさら体にはいる。女の子だったら感情移入しやすい気がする。映画よりは、せつない。
淡々としていて、乾いているんだけど、奥のほうが湿っていて
そんな湿り気がちらちらと行間をかすめてこころに触れる。

という、イマドキな感じの小説です。わたしにはちょっと、軽かった。
ほんと、こういうのはやるよねー。
読みやすい文章としてはうまい文章だなーと思うけど、
心をかき乱すうまさとはまた違うと思うのです。わたしはそっちが好きなの。だから好みの問題だね。


ただ、併録の
『虫歯と優しさ』は結構好きでした。
せつなさとしてはこっちのほうがせつない。
どこがせつないかって、

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


「川西さんは頭の回転が速くって、話していて本当に楽しかったな」
と言った。それを聞いて私の心が、「私が伊東さんを好きな程には、伊東さんは私のことを好きになってくれてはいなかったのか・・・」とキリキリ凍えた。
「私は、伊東さんのことを、頭が良かったり、面白かったりするから、好きだったんじゃないよ。冷蔵庫に歯磨きを入れているところが、本当に好きだったんだよ」

(本文より)
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

てとこ。

あーあーすごいわかるーと思った。
結局、見た目とか性格とかそういう条件を満たしている状態を好きって呼ぶんじゃないとおもうのです。一緒にいて楽しいとかそういうことじゃなくて。
その人の、存在の軌跡すべてがいとしいって思ったらたぶん、それが好きってことなんだとおもう。

というか、思い出した。あーそうだそうだ、好きってそういうことだーって。

それで、さっきの文章のところで、たくさん涙が出ました。


そういう感じをとても丁寧に書いている人だから、
二回読むとまた違ったせつなさがある本です。

そして三回読むと・・・
自分の心が吸い取り紙になったみたいに、たっぷり泣けます。
そんな現代小説。


スポンサーサイト

 


comment

だいじょぶ!?
検査はお金かかるよね〜〜
元気が出たといえども、消化のいいもん食べて、明日・明後日はゆっくりして、また来週からがんばろー☆
ほんと、お大事にね!!

あたしは 全然読書をしないから、
ひとちゃんの批評というか、視点はおもしろいです ♪

単純に へぇ〜 そうなんだ〜 って◎
ごめん、単純で 笑
伝わりにくいかもしれないけど、よい意味です!!

あたしにはない、ひとちゃんらしさ
で、すきです *

虫歯と優しさ。

載せた本文を音読してみたけど、

あー なるほどね〜
今ねー ひとちゃんの感想も合わせて読んで

「あー…」

しかね、なんか出てこなかった。
それは、その 本文の文章と
ひとちゃんの感想とが合わさって、
あたしに なんだろう
じわじわと 何かがはっきりしてくるような 
そんな余韻をくれたんだよね。

今、そんな空気に包まれております◎

好きって、そういうこと だよね。

  • まきこ
  • 2008/12/13 1:43 AM

>まきこ
心配ありがとう☆
お金をかけた検査が良かったのか、薬がすごくよく聞いてとても元気になりましたー^^

うんうん、好きってそういうことだよねー。今日も何回も思い出してしまった。
なんとなく伝わったみたいでうれしいわー。

まきこも本読めばいいのに。
映画よりもわたしは、世界を自分で構築できるから好きです。
いまどきの小説はとても読みやすいし、川上弘美とか結構まきこ好きそうな気がするよ。

  • ひーたん
  • 2008/12/14 1:12 AM









trackback


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--