2017/07

<< July 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

LINKS

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


崖の上のポニョ

 なんかもう右を見ても左を見てもポニョだらけだし
まわりの人もほぼ見てるし
しかもリアクションみんな同じだし。

ポニョ見たよー!!」

「えーどうだった??」

「うん・・・・・・。」



みたいな。
何それ。
ということで見てきました。

うん・・・・・。



ポニョは海の船でお父さんと妹たちと暮らしていたのですが、
ある日逃げ出して地上へ行く。
そこでそうすけ(5歳)と出会い、そうすけと暮らすために人間になろうとする。
でもそのポニョの魔法のせいで世界は終わりを迎えてしまう危機にさらされる。
それを救えるのはそうすけだけだが・・・
みたいな話。
ちょっと人魚姫みたい。

ポニョが魚のときはかわいくてかわいくてなんかもうニヤニヤしてたんだけど、
途中から話がわからなくなった。
謎がたくさんあるのに、説明がいっさい出てこない。
命の水って何!?
なんで月がこんなに大きいの!?
津波で結局どうなったの!?
なんで父は人間なの!?
・・・。

たぶん、
ポニョがそうすけを好きになって、
人間になりたくて魔法を使ったんだけど
その力が強すぎて(命の水のせい?)
世界を終わらせるほどの力になってしまい、
それを止めるにはポニョが寝たときに父が連れて帰るか
ポニョを魔法を使えなくする(=人間にする)かどちらかしかなくて
人間にするための魔法を使うにはそうすけが身元引受人にならないとダメで、、
てことなのかなーとおもう。

謎が多すぎてぜんぜんハッピーエンドじゃない。
しかも全体を通して「死」のイメージ多すぎ。
不吉な空気を全て飲み込んで明るくしている雰囲気が、
「本当は深いテーマがあるんだよ〜ちゃんと見ないと分からないかもしれないけどね」
という傲慢さを随所に感じる。
そして始まる、深読みした人達の知ったかぶり&見下し議論。
最近そういうのジブリは多い。

まあでも映像はきれいだし、
酔っ払って見るぶんには平和な気持ちになれると思います。


スポンサーサイト

 


comment









trackback


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--