2017/05

<< May 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

LINKS

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


見えないから、見えるものがある。

ごぶさたしております。佐藤です。
ゴールデンウィークはいかがお過ごしですか?
わたしはゴールデンな日々を過ごしすぎてまったくと言っていいほど現実に帰れていません。。
社会復帰できる気がしません。
誰か助けてくださいw
働きたくありませんwww


さて。

先日、ダイアログ・イン・ザ・ダークに行ってきたのです。




これ、何かというと。

完全に光を遮断された真っ暗闇の空間の中に8人くらいのグループで入って、暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障害者)のサポートの元、中を探検していろいろな経験をするというもの。


最初、暗闇が本当に怖かった。

好奇心はだいぶ旺盛なほうだし、冒険心も23歳にしては高いほうだと思うんだけど
そんなわたしでもものすごく怖かった。
踏み出すのが怖い。

でも慣れていくと、視覚以外の感覚がものすごく研ぎ澄まされるのを感じる。

空気のにおい。空気のうごき。全身で空気の存在を感じました。
風の音、森の音、水の音・・・。耳がすごく敏感になる。
足の裏も、手のひらも、すべてが。

そうするうちにだんだん自分の中で空間を意識できるようになって、怖くて仕方がなかった暗闇がだんだん温かく感じるのです。


不安になったとき安心したのは、人の温かさでした。


人の体に触れることで感じることってすごく多い。

ああ、わたしは一人じゃない。って思えることが、あんなにも強い安心感をもたらすものなんだなあ、と。

人間は、というかわたしは、孤独感が一番こわいんだなー。


途中、橋を渡るところがあって。
場所がわからず、しかも落ちたら怖いし、渡るのが一番手になっちゃって、緊張と恐怖がMAXでした。
そんなとき、アテンドのちいちゃんが「大丈夫だよ」と手を握ってくれて、手のあたたかさややわらかさで緊張と不安が一気に吹き飛んでしまった。


それから、声とか話し方とかだけで相手がどんな人なのか感じてコミュニケーションをとることができるという発見。

相手が話を聞いているのか見えないから、すごく不安になりました。
でもだんだん、気兼ねなく会話ができたり、体をさわっても緊張しなかったりしました。
不思議だー。



このイベントに参加して感じたことは大きく2つ。


1つは、人は視覚にあまりにも頼りすぎているということ。
もっと、先入観を捨てないと、見えるべきものがどんどん見えなくなる。


2つは、孤独感や不安みたいなネガティブな感情を解消するのは、ひとのぬくもりでしかないんだなあ、ということ。


うーん。
すごくすごーく貴重な体験でした。
来年も行きたい。



なのでこれからも嗅覚に頼って生きようとおもいます。
嗅覚ビバ
くんくんくん


スポンサーサイト

 


comment

なるほどね。
今までは、視覚が最も重要という考え方だったが、頼りすぎちゃいけないという考え方もあるのか。勉強になります。
是非とも「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」ってのに行ってみたくなりました。G.W.限定のイベントだったの?

  • ふと
  • 2009/05/08 1:41 AM

>ふとし

視力に頼ると、感じるべき全てのうち何割かを落としてしまう気がした。

これは6月いっぱいまでやってるよ!チケ取れるか微妙だけどもし興味があればぜひ!

てか悟が23日にプロポーズするぜwww

  • ひーたん
  • 2009/05/09 1:21 AM

情報ありがとう。
そっちも秒読みか。ぜひとも成功を祈る。
てかw
2週間も先の情報入ってるのがすごい。

凄腕の情報屋がいると聞いてwww

  • ふと
  • 2009/05/09 2:00 AM

>ふとし

敏腕な情報屋がやってきましたよ⊂⊂( ^ω^)⊃

悟のプロポーズプランがサプライズも何もなくてひどかったwww

どうなることやら…
断られればいいのに…w

  • ひーたん
  • 2009/05/09 12:04 PM









trackback


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--